ドックベストセメント療法

ドックベストセメント療法について

docsbest_img1.jpg


※歯の喪失本数が多いほど健康的な生活を過ごせない?1


なぜ~あきらデンタル・クリニックでは
             歯をなるべく削りたくないのか?


院長自らが、学生時代に神経の治療を体験し、約25年後に歯根破折(歯の根が折れる)を起こし大切な歯を失いました。
これまで、20,000名以上の患者様のお口の中を拝見し解ったことがあります。歯を削り、神経の治療をして一生懸命治療をして残した歯は、必ず寿命が訪れることを知りました。ヨーロッパのスウェーデンでは、80歳になっても20本~25本の歯を有する人が大多数であるのに対し、日本では、80歳になると永久歯は、ほとんどの方が10本未満しか残っていないというのが現実です。


※歯の喪失本数が多いほど健康的な生活を過ごせない?2

日本の現状→平均寿命-健康寿命の差...

男性で9.13年
女性で12.68年

だそうです。
つまり、平均寿命は世界的でもトップクラスですが、健康的な最期(終末)を迎えられない(寝たきりや痴呆,アルツハイマーなど)方が如何に多いかということが理解できます。

スウェーデンではこの差があまり無いそうです!

※歯の喪失本数が多いほど健康的な生活を過ごせない?3

つまり、歯の喪失本数を如何に少なくすることが、健康寿命を長くすることに貢献できるのでは
ないでしょうか?

歯を削らず、むし歯にしないことや歯周病にならない状態を作りあげていくことが最も大切です。
勿論メンテナンスをしっかりしていくことが、根底にあってのお話です。(スウェーデンの90%以上に対し、日本では国民の約2%程度しかメンテナンスにかかっておりません)

現在当院では、小児期からの噛み合わせを含めた上記の項目について力を入れて取り組んでおります。

※歯の喪失本数が多いほど健康的な生活を過ごせない?4

しかし、残念ながら既にむし歯が進行してしまい、削る治療や神経の治療しなければならない状態になった場合...

これ以上、歯を失いたくない!長持ちさせたい!
と真剣に考え、真摯に耳を傾けて下さる患者様には

Doc's Best Cement Therapy
《ドックベストセメント療法》について

将来の予測などを含め、当院における複数の類似症例を基にお話しして、治療法の選択をしていただきます。


※小峰 一雄 先生に師事

※当院 院長は

TBS「世界のスーパードクター」でも紹介された「ドックベストセメント」治療の第一人者で、歯を削らない治療のみならず、歯周病やむし歯の栄養療法を実施し、全身からのアプローチをも行っておられる

小峰 一雄 先生に師事し、現在も研鑽を積んでおります!


※最後に・・・

※通常は短期集中の治療法である
1Dayor2Dayトリートメントになりますが・・・

以下のような症例は数か月~半年~におよぶ経過観察を行い補綴(被せ物)を行う場合があります。

◎神経に限りなく近い状態のむし歯であった場合
◎神経が一部でてしまっている(露髄)場合
◎痛み(自発痛)を伴うケース
◎術直後などに長期海外へ行かれる方    など

※このような方は、ドックベストセメント療法をお断りします

◎プラークコントロールが成されていない方
◎むし歯だけを治せばよいとお考えの方=歯周病,噛み合わせのコントロールがきちんと成されていない
◎食事指導を守れない方=特に歯髄炎にて痛みのある場合にてドックベストセメント療法を行う場合には2週間のシュガーカットが必要です。その後の生活習慣も大切になります!

※むし歯になる方は、むし歯になりやすいような食生活傾向の方がほとんどです。

※ドックベストセメント療法は保険外の治療になります。詰め物や被せ物も上記同様保険外の治療になります...

また、全ての症例にて適応するわけではございません。
むし歯の大きさや部位,年齢などによりしっかりとした診査診断(レントゲンやダイアグノデントを用い)が必要になります。
状態や状況に合わせ詳細をお話させていただきます。

お電話での価格の相談や治療方法の説明は致しかねますので、どうぞご了承下さいます様 お願い致します。

TOPへ戻る

Copyright © 2017 あきらデンタル・クリニック All rights reserved.